女の子の産み分けのための食事と食べ物

女の子を産み分けるためには
女性の体を
酸性にしておくといい!
と言われます。
産み分け食事
女の子が産まれる
X精子が酸性の環境だと
強く生き残れるからです。
私が実際に使って
女の子を産んだ
【ピンクゼリー】という産み分けゼリーも
膣内を意図的に酸性にして
女の子が産まれやすくする方法です。

私が女の子を授かった方法【ピンクゼリー】はこちらをクリック

 

酸性の食物を中心に
食事をすることで
女性の体を
酸性に傾け、
女の子を生まれやすくしたい!
という方もいらっしゃいますね。

 

私も、
【ピンクゼリー】という
産み分けゼリーを併用しながら
普段の食生活は
なるべく酸味のあるものを
多く摂るように心がけていました。

 

女の子の産み分けのための
推奨食材としてよく挙げられるのは
【クランベリー】です。
酸味がとても強いことから
身体が酸性に傾きやすいのでしょうね。
でも、【クランベリー】なんて
近所のスーパーでは売っていないので
定期的に摂取するのは
とても難しい食材です。

 

でも、
酸性の食品って
実はもっと身近にあるんですよ〜♪
酸性食品代表として、

  • たまご
  • トマト
  • ほうれん草
  • みかん
  • ぶどう
  • さつまいも

などが挙げられます。
【クランベリー】に比べたら
ずっと手に入れやすい食材ですよね!

 

また逆に、
アルカリ性に傾きやすい食材は
×サラダ菜
×ピーマン
×こんにゃく
×じゃがいも
×きゅうり
×海藻
×乳製品
×ごぼう
などがあります。
これらは
酸性とは逆の
アルカリ性に傾きやすい食材なので
積極的に大量に摂取するのは
控えて下さいね。

 

ただ、
普段の食事だけで
女の子の産み分けの確率を上げることは
ほぼ不可能です。
女の子が産まれるのは
受精する膣内の環境が
決めるからです。

 

女の子が産まれる確率を
50%から80%へ上げたいなら、
意図的に膣内を
酸性の環境にする産み分けゼリー
【ピンクゼリー】を使ってください。

私が女の子を授かった方法【ピンクゼリー】の注文・購入はこちらをクリック

 

10926