【福さん式】産み分けの方法〜女の子と男の子産み分け成功の確率

福さん式】とは
助産師の福さんが、
膣内に指を挿入しておりものを採取し、
そのおりものの状態によって
排卵日を見分け、
妊娠の確率が高い日を絞って
妊活を成功させよう!
という方法です。
福さんという方がブログで紹介したことから
妊活さんに広がり、
転じて産み分けにも
この方法が使えるのでは!?と
いわれている方法です。

ズバリ、
この方法は
助産師である
福さんだからできる方法だと感じています。

 

手を清潔にし、
自分で膣内に指を挿入して
おりものを採取し、
その状態を確かめる、、

 

ちょっとハードルが高い
方法だと思います。

 

福さん式を行うことで
排卵日を確実に知り、
産み分けに最適な

男の子は排卵日に性交を

女の子は排卵日の2日前に性交を

という
タイミング法による
産み分けの確率が
高まる、とのことですが、

 

正直、
基礎体温で十分なように感じますし、

 

産み分けの条件には、
性交時の膣内の環境

男の子はアルカリ性

女の子は酸性

という条件も
必要になってきます。

 

【福さん式】を実行できる人は、
例えば
看護師
介護関係の方
医師
助産師
など、
「清潔」に確固たる観念のある人でないと
難しいと思います。

産み分けゼリーを使うと手軽にできる!

私は【ピンクゼリー】という
産み分けゼリーを使って
女の子の産み分けに性交しました。

 

排卵日の算出には
基礎体温表を使い、
さらに、
性交時の膣内の環境を
産み分けゼリーで意図的に
酸性にすることで
女の子が産まれる確率を
アップさせました。

私が女の子を授かった方法【ピンクゼリー】はこちらをクリック

【福さん式】と【ピンクゼリー】での産み分け比較

私は、【ピンクゼリー】という
産み分けゼリーを使って
女の子の産み分けをしました。
福さん式産み分け
性交前に
膣内にゼリーを注入し、
膣内を女の子が産まれやすい
酸性の環境にします。
そうすることで、
自然の場合
50%である確率を
約80%まで上げることができます。
【ピンクゼリー】の詳しい使い方、
女の子が妊娠しやすい理由は
こちらをご覧ください。

【ピンクゼリー】で女の子を産み分ける方法

 

比較 福さん式 産み分けゼリー
メリット 排卵日を知るためにお金はかからない。 女の子の産み分けに必要な膣内の環境=酸性の状態を安全に作ることができる。衛生的。排卵日と膣内環境を合わせることで産み分け確率を80%にアップ。
デメリット

衛生的でない。
素人にはハードルが高い。
排卵日を知るだけでは産み分けはできない。

産み分けゼリーは1回1,400円程度のコストがかかる。

 

【福さん式】より確実な
女の子の産み分け方法は
こちらです。

私が女の子を授かった方法【ピンクゼリー】の注文・購入はこちらをタップ

 

10926